[トラブル」 LCD保護ガラス破損

更新が止まって今したが、またもトラブルにはまっていて作業ができず。

トラブルは、写真の通り小さなゴミが残っていたのか、Lcdを押してしまったようです。通常はLCDが破損した場合、『液晶』なので液漏れを起こし使用できなくなると思ってました。

なぜこの状態で表示されているか、最初理由がわからなかったのですが、テープを剥がしてしまうと後戻り出来なくなってしまうので裏側を確認したら。

絶望がまっていました。

先日の記事の通りうちの環境ではLCDパネルのみで使用しているため保護ガラスとLcdを分離しガラスは土台にしかつかってないのですが、その土台が割れた。予備のLCDいっぱいあるのにどうしようと、少し冷や汗が、、、

また、困ったことに。Sq1の場合この保護ガラスが他社と違い微妙に小さいのです。ELEGOOなんかは80×140に対し。80×134と地味に短い。現物を確認しましたが加工しないとあいません。ガラスの加工は細かなクラックが入ってると、徐々にヒビになってきたりとなかなか難しいのです。

ふと手元に落ちていた1mmのアクリル板、これでいけるんじゃ無い、ってことでサクッと切り出してリプレースしてみました。バッキバキのガラスの処理に手間取って写真は撮れませんでしたが。LCDはひとまず正常そうなのでそのまま利用することに。0.6mmから1mmに高さが変わっているのでz軸の調整もチャチャっとやっちゃいます。

そしていつものキャリブレーションプレートにで出力確認。大丈夫そうですね。若干オーバ目の設定なのでディテールが潰れ気味ではありますが、光量落ちもほぼ無さそうです、

NanoDLPトラブル

本日も順調に出力していたのですが、またもトラブル
前回のアップデート時にトラブルが発生してたという報告をしたかと思いますが、安定しないためバージョンを戻した状態で使っていたのですが、本日同様のトラブルが再発。

状況としては1時間ほどのモデルをスライス・造形を繰り返し、5~6回繰り返すと発生する模様。
うちの場合小さいパーツをかなり並べているのでSTLで100MBくらいかな。フィギュアの人とかは1回が何時間もかかるので、回数繰り返すのがだめなのかな。

再起動すると治るので、ハードウェアトラブルではないと思うのですが、液晶の半分しか動作しておりません。
こまめに再起動してだましだましやっていきます。

[造形トラブル] サポート下をキレイにしたい! #2

先日発生していたボヤっとなる造形の対策について、ショーコねーさんの公開しているドキュメントをもう一度よみなおしていたところ、なんとなく設定でも対応できそうだっていうことがわかりました。

初心者向け設定開設にもある通り、普段あまり気にしていない、Z軸のリフト量がnanoDLPデフォルトでは4mmだったのですが、ここを8~12mmほどで設定するとある程度改善することがわかりました。

業務用機の例では10~15mmと、リフトしたときにステージがレジンから完全に出るような設定にする場合が多いとのことなので、今回のケースでも12㎜と結構大き目のリフト量をとったところ改善が見えました。

ショーコねーさんの設定説明の色付けに従いnanoDLPの画面にも色付けを行ってみました。

100%の改善というわけではないので、ほかの設定も交えて2021年もさらなる修行に励んでいきたいと思います。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

[メンテ] LCD交換

ひとまず動かないのも問題だったのでSq1の純正LCDを調達し、サクッと交換。

とはならないのが当実験室。Lcdを交換するにあたって試そうと思ってたことを実施。

LCDパネルだけを撤去したところ、このガラスだけが欲しいんだ!もしくはもう少し左側スペースが、、、なんでここ両面で止めたよ、、、、

仕方ないのでヒートガンであったあっため慎重に、、、後もう少し!ってところでパキッとorz

外れた後は、無かったことにして、新しいLCDつけときました。

次LCD交換の時には、簡単に外れると思うのでガラスだけ摘出できると思いますorz

[TIPS] Led交換後の調整。

Led交換後のレジン設定に四苦八苦しています、右から交換前3S、交換後2.5s 3s 4sと造形テストしているのですが、明らかにサポートが太くなっているのと、向かって右の耳の下のサポートに至っては網目が完全に塞がってしまっています。

アルミテープによる養生が悪影響出ている可能性もあるので、なんとも言えませんがあまりいい傾向ではないので光量落ち前提でDeffuserの導入も検討してみます。

[トラブル] LCDマスキング

先日死亡が確認されたLCDなのですが、ソフト的なマスキングはできなかったので物理的なマスキングをしてみることにしました

原始的にアルミテープで目張りです。試しにショーコ像を出力。NanoDLPの場合はデフォルト設定のままアップロードすると自動的に真ん中に調整されてしまうので、オリジナルセンターにする必要がありました。この設定を無効にしてしまうと、うまくスライスできず出力できません。

ひとまずひとつの基準として4sで出力したところ、完全に露出オーバーの傾向に。サポートの土台までガッチガチになってしまったので3sがベストです。

表面の艶もかなり良好な結果です、3秒設定ならモノ化必要ない気がしてきました。いずれにせよ安定して出力できるようにする必要があるためLcd交換は必要ですね。

[トラブル] lcdも死亡

ledが調子を戻したら、今度はlcdががががが、もうやだ、この子。

ブラック
ホワイト

OnでもOffでも光が透けてるので使い物にならず、造形テストもできないのでしばらく休止かな。

アルミテープで遮光して、左右のところで造形できないかなぁ

[トラブル] Led死亡

先日から、機材トラブルにより全く検証が進んでおりませんでした、

Deffuserの検証を始めたあたりから、Sq1の調子が悪く、キャリブレーションプレートも調整ででるようになったと思っていました。今日、たまたまledを確認してみたら、見事に終わっていました。左右だけしが光っておらず、中央部分が未点灯に、仕方ないので予備で手配済みだったLEDにさくっと交換しちゃいました。

とりあえず、眩しさが全然違ってました。そりゃ60%光量ダウンしてたらまともに出力されるはずありませんよね、、、

というわけでDeffuserのデータ取り直していきます。

first 30sec – normal 3sec

ひとまずストック状態のSq1の実力から、3秒硬化でバッキリと造形できました。流石に右端の部分が出ておりませんが、Hiehaの推奨の一番短い設定です。

first 25sec – normal 2.5 sec

続いて、最低時間より少し短くしてみたところ造形はできるのですが何故か左に像が流れるような現象に。未硬化のレジンが押されて横に寄っちゃうのかな?

本調子逃げたなったようですのでまたdeffuserの検証も進めていきます

[TIPS] キャリブレーションプレート

いろいろいじくり倒し始めて調整していくにあたって、やはり一つの基準が欲しくなってきたためPhotonユーザーではありませんがPhotonユーザー用のキャリブレーションプレートを導入。
Heiha?nanoDLPのデフォルトでもキャリブレーションプレートは生成できますが、ただの四角い板を数枚出力するだけで面白くないので導入。

githubに置かれているみたいなので、サクッとSTLをいただいてきて出力。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

LCDの不具合

SQ-1 を3か月ほど利用しているうちに、LCDに不具合が出るようになりました。
Facebookのコミュニティや海外でも複数の方に同じ現象が出ているのですが、
BLACKタイプのレジンを使用していると、LCDに造形時の形状が焼き付くという現象です。
私の場合はELEGOOのブラックタイプのレジンを使用した時の形状が焼き付いています。

メーカー(ELEGOO)問い合わせてみたのですが、そのような現象は把握していない
LCDが破損したのではないのか?取り扱い間違うとすぐに割れるよ。といった返答でした。
その際にも返答したのですが、液晶自体の割れは一切なく、電源を切って冷えるまで放置すると現象がいったんおさまるという不思議。かといってテストモードでシャッター全閉にしているとものの30秒程度で再度浮かび上がっては来るのですが・・・・・。

Elegoo MarsやPhotonなど複数の機種、複数のレジンで同じような現象が発生しているので、通常ブラックのレジンは光を吸収しやすいためがメーカー指定の硬化が長く設定されているため他のレジンと比較すると露光時間が長くなっているので。その際の熱的なものもあるのではないかと思っています。
私の環境での解決策としては「ブラックレジンは使用しない」方向で今のところ回避中です。

とは言え焼き付いてしまっては仕方なかったのでLCDを交換予定です。メーカーは部品の型番を公表しておらず、工場から直送させてくれという話だったのですがなにせ海外発送となるので送料込みの価格が高い・・・・・。このあたり何とかしてほしいですHiehaさん。

ということ(どういうこと)で、互換部品での選定です。探せばありますので。
人柱としてLS055R1SX04を選定。nanoDLP御用達の汎用LCDですし、rasPiでの動作実績は掃いて捨てるほどありますので。フレキケーブルの形状は異なりますが、LS055R1SX03でも動きます(たぶん

Amazonでも海外調達でもほとんど価格差がなかったので、Prime対象のものから選定してポチりと。
次の日には届いたので、比較してみましたが、うん、同じものですね。サクッと交換です。
私の購入したものは、 LS055R1SX04 を LS055R1SX03に変換する90度アダプタも含まれていましたが
不要なのでポイしました。サイズもぴったり同一です。

ということでElegoo MarsやPhoton用のパーツと互換性あるので両方お持ちの方は安いほうでOKです。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に