スポンサーリンク

[bambulab] Midi to A1 Start Melody

nanoDLP

Twitterのほうをご覧の皆様は、BambuLab製品ご存じですよね?
こちらは光造形メインでBambulab製品については、あまり取り扱っていませんでした。
当ラボにではないのですが2023年にX1Cを使える環境にあったのでTwitterではよく扱っていたのですが、ラボとしては取り扱っていませんでした。というかFFFトクイジャナイ。

2024年あるきっかけから、FFFもやっていかないとなあといってネタ一発目

2024年1月にデリバリー開始されたA1とA1Miniネタです、この機種ですがなんと開始と終了の音楽がブザーではなくステッピングモータを震わせることで音を鳴らしている。さらにGCODEで音が変えれそうだということはTwitterで取り組んでる人がいたので知っていました。

なんと公式からメロディ作成用のツールがリリースされておりました。

MIDI to A1 mini User Guide
This page describes how to use A1 mini to play MIDI files and customize the way A1 mini prints start/end sounds

日本語翻訳したガイドを公開します

contents

MIDI to A1 mini ユーザーガイド

A1 mini は、スピーカーなしで電子音楽を再生するために使用できます。このWikiではA1 miniでMIDIファイルを再生する方法を説明します。

準備

始める前に、次のアイテムを準備する必要があります

  • A1ミニ
  • マイクロSDカード
  • マイクロSDカードへの書き込みに使用されるコンピュータまたはその他のデバイス
  • MIDIファイル

MIDI ファイルはオンラインでダウンロードしたり、他の MIDI エディターからインポートしたり、オンライン エディターで作成したりできます。開始・終了音をカスタマイズしたい場合はパソコンが必要です。

ステップバイステップガイド

①A1 miniで再生するだけの場合

A1 miniを使って作成した音楽を再生する方法を説明します。

1. 次の Web ページを開きますhttps://midi-to-gcode.bambulab.com/edit
2. MIDI ファイルをインポートします。 (自分で音楽を作成したい場合は、ステップ 3 に進んでください)

File左上のタブをクリックしてを選択し、ポップアップウィンドウでインポートしたいOpenMIDIファイル( )を選択します。*.mid

3. MIDIファイルを編集する

MIDI ファイルがインポートされると、Web ページ全体は次のようになります。下部にある [再生] ボタンをクリックすると、トラック全体を再生できます。

トラックウィンドウは左側にあります。左上隅のトラック名の横にある三角形をクリックすると、このセクションの表示/非表示を切り替えることができます。インポートした MIDI ファイルには複数のトラックが含まれている場合があります。🎧各トラックのアイコンをクリックして聞きたいトラックを選択するか、🔈アイコンをクリックして聞きたくないトラックをミュートします。聴きたいトラックに対応するノートがピアノロールセクションで強調表示されます。

ピアノロールセクションは、各トラックのノートを編集するために使用されます。左のスケールはピアノの鍵盤に対応し、上のスケールはビートタイムに対応します。右上隅にある鉛筆ツールと選択ツールを使用してメモを編集できます。

4. トラックを対応するモーターに割り当てます

プリンターには音楽の再生に使用できるモーターが 3 つしかないため、最大 3 つのトラック(3和音)を再生できます。再生したいトラックを選択する必要があります。トラック上の アイコンをクリックして🎧聴きたいトラックを選択し、再生ボタンをクリックして再生します。プリンターで再生したいトラックを選択します。

再生したいトラックの選択が完了したら、対応するトラック セクションのドロップダウン ボックスを使用して、トラックを再生するモーターを割り当てることができます。 1 つのトラックを複数のモーターで同時に再生できますが、1 つのモーターで一度に再生できるトラックは 1 つだけです。

5.Gコードのエクスポート

File左上隅のタブをクリックし、Save As G-Code生成された G コードをコンピュータにエクスポートするオプションを選択します。

6. 音楽を再生する

保存したGコードをMicro SDカードにコピーし、A1 miniに差し込みます。 Gコードを選択して印刷を押して、音楽をお楽しみください。

②印刷開始/終了音をカスタマイズする

Bambu Studio によって生成された G コードには、開始および終了のプロンプト サウンドが含まれています。同じ原理を使用して、印刷開始/終了音をカスタマイズできます。

⚠ 注意:指示に厳密に従ってください。G コードの他の部分を変更しないでください。印刷エラーやプリンタの故障につながる可能性があります。

1. MIDIファイルのトランスコーディングの完了

前のセクションと同じ手順を使用して、MIDI ファイルを G コードにトランスコーディングします。

2. プリンターのモデルとノズルサイズを正しく設定します

PrinterBambu Studio を起動し、タブのセクションの下にあるドロップダウン リストから使用しているプリンターを選択しますPrepare。これには、印刷に使用するノズルのサイズも含まれます。

3. 構成エディターを開き、詳細オプションを有効にします。

[プリセットの編集] ボタンをクリックしてプリンター設定を開き、右上隅にある詳細スイッチをクリックして詳細設定を有効にします。

4.Gコードを編集する

Machine G-Codeタブをクリックします

開始サウンドを設定するには、セクションstart printer sound内のディバイダーを見つけてMachine start G-code、このディバイダーと次のディバイダーの間のすべてのコードを MIDI ファイルによって生成されたコードに置き換えます。

終了音を設定するには、セクションprinter finish sound内のディバイダーを見つけてMachine end G-code、このディバイダーと次のディバイダーの間のすべてのコードを MIDI エディターによって生成されたコードに置き換えます。

注記:G コードを貼り付けるときは、生成されたコード内の改行を保持する必要があります。Windows ユーザーは、秀丸などのテキストエディタやワードパッドを使用して G コード ファイルを開いて、コピーして Bambu Studio に貼り付けることができます。メモ帳を使用すると改行が失われ、コードエラーが発生する可能性があります。

5. プリセットを保存する

右上隅の「保存」ボタンをクリックして、現在のプリセットを保存します。使用する頻度に応じて、ユーザー プリセットとして保存するか、プロジェクト インサイド (内部) プリセットとして保存するかを選択できます。

プリセットがユーザー プリセットとして保存されている場合、すべてのプロジェクトがこのプリセットを適用でき、このプリセットが選択されている場合、プリンターはカスタマイズされた開始/終了サウンドを再生します。

プリセットがプリセット内のプロジェクトとして保存されている場合、カスタマイズされた開始/終了サウンドは、この特定のプロジェクトが印刷されるときにのみ再生されます。

6. 印刷を終了する

通常どおり印刷を終了します。印刷プロセスの詳細については、「Bambu Studio クイック スタート ガイド」を参照してください。

ちなみに

Bambulab X1CでこのGcodeを再生できないかなぁと突っ込んでみたところ、やはりだめでした

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

コメント

タイトルとURLをコピーしました