スポンサーリンク

[Chitusystem] 光造形機のParameter保存方法

今回はChitusystemボードの出荷時に設定されている情報をDUMPする方法です。
実はあまり知られていませんがFDMと同じGcodeを利用することで、工場出荷時に設定されているPalameter.gcodeをUSBに保存することができます。

M8512 "configration_dump.gcode";

事前準備としては上の1行をメモ帳などでテキストファイルにして保存し、拡張子を.gcodeとするだけです。

あとは、通常通りプリンタにUSBを指して、印刷指示をするだけで、USBに指定した”configration_dump.gcode”が保存されます。

このファイルを保存しておくだけで、万が一プリンタのボードの補修部品が供給されなくなってもChiTusystemの公式から手配するだけで、復旧することができるようになります。

私の持っている機種であれば、Proxima6.0もProxima8.9もともにChiTu Systemで入手できる汎用ボードなので安心ですね。

あとはElegoo MarsシリーズやSaturnシリーズなども同様の方法でバックアップが可能です。Saturnの場合は標準では汎用のボードではないものの互換する汎用ボードがあるので、ボードの組み込みに若干の工夫が必要とはなりますが、サポートがなくなった後も安心して使えます。

一応、当研究室でDUMPしたPalamerterファイルを置いておきます。

Proxima 6.0については、他所で配布されていたものをミラーしたものになります。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

コメント

タイトルとURLをコピーしました