nanoDLP beta Updated (#4237)

先日に引き続きnanoDLPのbetaバージョンがアップデートされていました。
更新内容は変わっていないので、先日動作しなかった旨を報告したもののサイレント修正かな?

  • Feature: Detect panic on the program and highlight it on the next boot
  • Feature: Reset button for analytic tool
  • Feature: Realtime update added to the analytic dashboard
  • Feature: Send debug file
  • Feature: Controller board firmware upgrade
  • Change: Burn-in layer cure time get calculated transitionally
  • Change: Change external program execution strategy for better compatibility
  • Bugfix: Bugfix: Multicure does not work correctly with rotation\

ベータ版はあくまでも新機能などのテスト目的で公開されています。アップデートした場合予期せぬ動作をする場合があるのでアップデートにはご注意ください。

#4237については以前のバージョン同様Hieha SQ-1ではうまく動作しませんでした。
nanoDLPサポーターのShahin Varasteh氏にリモートサポートしていただき原因が判明しました。
その際バグフィクス対応もしていただき、最新のバージョンはbeta #4239まで上がっています。

復旧の詳細については不明ですが、アップデートじのSetup.shがゴミを残してしまっていた様子です。
sshで接続ごに下記コマンドで復旧した模様

pi@raspberrypi:~ $ cd /home/pi/printer
pi@raspberrypi:~ $ rm -r nanodlp/  # 多分このディレクトリが邪魔していた模様
pi@raspberrypi:~ $ cp . /tmp/printer/ #いったんバックアップ
pi@raspberrypi:~ $ cp /tmp/printer/ . #バックアップで上書き
pi@raspberrypi:~ $ (wget https://www.nanodlp.com/download/nanodlp.linux.arm.rpi.beta.tar.gz?31 –no-check-certificate -O – | tar -C /home/pi -xz –warning=no-timestamp);cd /home/pi/printer;sudo ./setup.sh
#最新ベータをインスール ?31はアクセスのたびに変えるとキャッシュされた古いバージョンのダウンロードを防いでくれます。

ついでに私の環境で発生している、LCD Calibration周りのバグをいくつか報告しています。

  • Focus Calibration の Whiteを押した場合にNanoDLPがハングする。
     (その後再起動したり、しなかったり)
  • Shutter Openボタンを押下した場合に、最後に表示された画像が表示される。
     (以前のバージョンでは全部オープン?)

ハング後、しばらく待っていればサービスが再起動してくるものの、システム上でも何らかの異常が検出されバグレポートが作成されていたので、こちらも併せて送信しておきました。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に