[Mono4k] 設定編

Mono4K

前回の記事で、なかなか安定動作できなかったのですが、やっと安定しましたので公開しちゃいます。

基本的に設定が必要な個所としてはRaspberryPiの基本動作の設定とNanoDLPでの設定です。

基本動作の設定は/boot/config.txtの変更が必要です。
Config.txtの変更方法としては3つの方法があります。

  • SDカードを取り外しUSBカードリーダーを利用してPCで編集
  • 最新版NanoDLPのツール機能を使用して編集
  • RaspberryPiに接続しSSHで編集

tacの場合は3つ目の方法を普段からとっています。

要注意ポイント!
sshからの設定する場合の注意点RaspberryPiの癖としてリブートでは適用されず、電源Off ONで初めて適用される設定もあるので注意が必要です(これでハマりました)

nanoDLPからの設定の場合も同様に設定反映後nanoDLPのリブートボタンではなくシャットダウンボタンを押した後に本体の電源Off ONする必要があります。

#/boot/confit.txt
hdmi_ignore_edid=0xa5000080d
display_hdmi_rotate=0x10000
#display_hdmi_rotate=1
hdmi_drive=1
hdmi_timings=2160 0 105 20 100 3840 0 30 2 29 0 0 0 24 0 223290000 3
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_pixel_freq_limit=400000000
hvs_priority=0x32ff
max_framebuffer_width=2160
max_framebuffer_height=3840
framebuffer_width=2160
framebuffer_height=3840
framebuffer_ignore_alpha=1

hdmi_pixel_encoding=2
disable_overscan=1


arm_freq=1300
over_voltage=4
config_hdmi_boost=4 

dtparam=i2c_arm=on
dtparam=audio=on

gpu_mem=128
dtoverlay=pi3-miniuart-bt
#dtoverlay=pi3-disable-bt 
#dtoverlay=pi3-disable-wifi

次にNanoDLPの設定ですが、こちらはSetupのDisplayEngineから行います。
Horizontal Resolution 、Vertical Resolution X/Y Resolution、Y Resolutionの4か所の修正が必要です。

そもそもこの項目が開けない!っていうひとは、メーカーによる制限が入っているので、メーカーに問合せしてOEMLockを解除するか、tacまでご連絡ください。対応できるかもしれません。

※設定に際しての注意点
今回のDXQの4KMonoパネルの場合、よくある既存の4KMonoパネルの設定を真似すると表示できません。SettingのDisplay ContlollerからもNon-Standard Monochromeの設定ができますが、かならずormalに設定する必要があります。

メーカーんも問い合わせしたところ、5.5インチ 4Kカラーのものと同じ設定としてくれとのことでした。ということでおそらくSonic 4Kの5.5インチカラー機の場合はそのままLCD交換のみでモノクロ化が可能となりそうです。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

コメント

タイトルとURLをコピーしました