[メンテナンス] LCDベースプレート変更

nanoDLP

この記事で仮復旧していたLCDの保護ガラスのアクリル化ですが、2か月間使ってみてやはりちょこちょこ不具合が発生していたため、マイナーバージョンアップしてみました。

前回は仮で1mmアクリル板を使用してみたのですが、Zのキャリブレーション時にかなり気を使ってあげないと、LCD自体がたわんでしまい、中央と端で軽く0.5mm程度厚みが変わっている様子でした。
何度か調整しなおしたのですが、どうやっても改善しなかったので、2倍の2mmのものに変更

ちなみに、軽く曲げてみたところ、1mmはかなりたわみます。2mmは片手ではかるくは曲がらないので剛性感はかなりある様子です。でもこれゴミ噛むと確実にLCD逝きますね、気を付けないと。

フッティングですが、Hieha標準だと1mmの掘り込みがあったので1mmのアクリルの時には問題が起きていなかったのですが、2mmとなるとやはり1mmの厚みの差はでかいようでFEPフィルムにかなり負担がかかってそうでした。

ある程度想定はしていたので1mmのプラバンをつかってVAT下にスペーサーをつくってみました。
うまくいくようであればFDMで作ろうと思っています。

まだ組付け途中なので、遮光テープとかありませんが、高さ的には以前の1㎜のものと同じ位置関係となっているので、造形自体に不具合は出ないのではないかと思っています。出力結果については別記事でご紹介していこうと思います。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

コメント

タイトルとURLをコピーしました