スポンサーリンク

[Chitubox]DLP/LCD 3D 印刷における寸法の不正確さの理由

ChituSystem

DLP/LCD 3D パーツの仕上がりサイズを測定する場合、寸法の誤差が発生することがあります。これは、特に高精度が要求されるパーツでは致命的です。ここでは、DLP/LCD 3D 印刷で寸法が不正確になる理由について説明します。

直交座標では、X は横軸、Y は縦軸、Z は高さを表します。ビルド プレートの動きのため、Z 軸は XY 軸とは完全に異なります。これについては別途説明する必要があります。

XY 軸の寸法が不正確な理由

XY キャリブレーション エラー

DLP/LCD システムの XY 軸解像度は固定されているため (詳細: SLA/DLP/LCD 3D 印刷で XY 解像度を理解する方法? )、設定を調整するとき、解像度は印刷サイズと一致する必要があります。そうしないと、部品が反ったり歪んだりして、寸法が不正確になる可能性があります。XY キャリブレーション誤差は、寸法の不正確さの最も一般的な原因です。

通常、メーカーはこれらの仕様が公開されています。例えばElegoo Mars Proでは、120 x 68 x 155 mm のビルド ボリュームと 68.04 x 120.96 mm の表示領域であることがわかります。2 つのパラメータにほとんど違いはありませんが、XY 方向の精度の歪みの原因となります。

これら 2 つの領域は、経験の浅いユーザーを混乱させる可能性があります。実際、Elegoo Mars Pro の画面領域は 68.04×120.96mm です。しかし、実際の製品では、LCDをプリンターを取り付ける際に、強化ガラスの遮光部分が画面の端を遮って光漏れを防ぎます。外から見た印刷可能な領域は 68x120mm のみです。(構造上、DLP プリンターにはこの問題はありません)
解像度とLCDの仕様上の表示領域が一致する必要があります。Mars Proの場合正しくは68.04×120.96mm のパラメータを設定する必要があります。

CHITUBOX の組み込み 3D プリンターは、デフォルトで最適なサイズ パラメータが設定済みです。そのため、よくわからなくても心配いりません。ほとんどのユーザーはパーツをビルド プラットフォームの一番隅に配置しないため、表示領域が少し小さくなっても実際の使用には影響しませんが、プラットフォーム全体に配置する場合には注意が必要です。

機種により実際の印刷領域が大幅に縮小されている場合 (120.96mm から 115mm への縮小など)がありますが、ここ場合も LCDの表示領域である120.96mm のパラメーターを入力する必要があります。また、実際の印刷領域は、「ビルド領域のオフセット」を利用して印刷可能な領域を調整することで解決できます。

不十分なサポート

ほとんどのモデルには適切なサポートが必要です。サポートが十分に追加されていなかったり、薄すぎたり、適切に配置されていないと、パーツがゆがんだり変形したりして、精度に影響を与える可能性があります。CHITUBOXのサポートパラメータを調整し、向きを調整することで、サポート構造を最適化できます。

露出不足または露出過多

露出もパーツの精度に影響します。露出不足だとパーツが実際のサイズよりも小さくなり、露出オーバーだと大きくなります。

イソプロピルアルコールによるひずみ

樹脂はアルコールを吸収し、特に薄い壁や柱などの細部を持つものでは、膨張やひずみの原因となります。部品を長時間イソプロピル アルコールに浸すことはお勧めしません。
目安として超音波洗浄機で 2 分以内、イソプロピル アルコールに 10 分以内を推奨します。

Z 軸の寸法が不正確な理由

DLP/LCD 3D プリンターは、Z 軸が上下に移動して、レイヤーごとに印刷します。Z 軸の精度は、多くの要因の影響を受ける Z 軸の安定性によって制御されます。

Z 軸の安定性は、機械の設計を観察することで理解できます。まず、ガイド レールとドライブ モーターのマイクロステップ数(大の場合 A4988では1/16ステップ、またはサイレント ドライバー チップの場合1/256が使用しています) を確認し、次に Z 軸アセンブリの垂直性、真直度、中心性を確認します。

垂直性:Z軸は、画面平面に対して 90 度の特定の角度を形成する必要があります。
真直度:Z軸の光軸は最初から真直ぐな位置にある必要があります。
中心性:リニアレールとドライブ スクリュー ロッドの間隔は、上下に移動するときに等しくなければなりません。これは、2 つの中心が 2 つの中心軸上で平行であることを意味します。

さらに、ビルド プラットフォームの固定ネジとジョイント等も Z 軸の安定性に影響します。

この記事はChitusystemで公開されている記事を翻訳したものになります、詳細については下記URLを参照してください。

Reasons for Dimensional Inaccuracies in DLP/LCD 3D Printing

コメント

タイトルとURLをコピーしました