Elegoo Mars用Lcd流用

現在使用しているSq1のLcdの調子が悪く、以前黒インクで使用したときから、黒い焼きつきが残ったままとなっています。Lcdのシャッターは熱に弱いらしく、硬化時に熱を持ちやすいレジン を使うと焼きつきが発生すると言った書き込みがやはり海外でも見つかりました。すみません、ソースを紛失見つけたらリンク貼ります。

わたしの場合はElegoo Mars用のLcdを調達。他の記事でも書いていましたが、Lcdだけが欲しかったため、こちらを選定。事前にSharpの04が採用されいるのは確認取れていたのですが、保護ガラスがペロッペロなのは盲点でした。ちなみにこの保護ガラスの厚みは実測0.6mm。

しばらく前に届いていたのですが、とりあえず使えていたので、交換のモチベーションが上がらずほったらかしていたのですが、とりあえずそのままあてがって見ると。行けそうには行けそうだけど、保護ガラスが微妙にでっかいOrz

速攻でバラしてしまったため写真を取り忘れという大失態をしましたが、高さ方向は同寸で、横方向が10mmほど大きい様子です。

サイドと部分を5mmづつ切り詰めるとサイズが合うので加工して使おうかとも考えたのですが、極薄ガラスとはいえガラスなので加工がほとんどできません。カッターでキズを入れて割ろうとしましたが、ダイヤカッターは持っておらず断念。普通のカッターで歯が立たず。ハサミでの加工は可能でしたが、断面が細かい傷になったので、

最終的にLCDだけ摘出して使用します。

LCD摘出後

Mars用の保護ガラスは樹脂フィルムに極薄のガラスを張り付けたものになっているので、よくある携帯電話用のガラス製保護フィルムのような感じになっており、慎重に持ち上げていくとはがすことができます。私の場合はストレスをかけすぎたのかパキっと言ってしまいましたが、もともとこの部分は再利用する予定がなかったため破壊分解しちゃいました。コツとしてはLcdにストレスがかからないようにフイルムをそらして行ってあげるとうまく剥がれると思います。

動作確認を兼ねてフッテイング前に通電確認してましたが、NanoDLPのProjectorキャリブレーションでも問題なく動作することは確認できました。

逆にSq1からガラスの摘出時にはガラスにストレスがかからないようにLcdを逸らして行って剥がしていけばOkのはずです。うまく摘出できれば今後はMars用が継続して使えるようになるので頑張ります。

今日のところは時間切れなのでここまでです。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に