Sq-1 MONO化への道3

発注していた6.08インチLcdが到着しました。当初AliexpressからLcdだけを手配しようと思っていたのですが、ちょうど中国の8連休に被ってしまったためAmazonで調達可能だったものから選定して購入。

購入したのはNova3D elfin用Mono lcd 6.08インチです。こちらで有れば標準でガラス保護までついており、あわよくばボルトオン行けるか!?と考えていたのです。

届いたのは、、、まーでかいでかい想像できてませんでした。そりゃそうですよね、かなり大きいサイズです、比較しているのは手元に在庫のあったELEGOO Mars用なのですが、、、二回りほど大きいので着くの?これって感じがしています。

Nova3D用の場合、本体取り付けように樹脂のフレームが付いていたので、これは取り外し。全週両面テープで張り付いているので、ペラペラのスクレーパーを使って切り離しちゃえば外れます、なかなか面倒ですが外れました。どちらかと言うと、残った両面テープを処理する方が超面倒でしたが摘出できました。テープを剥がすのにスクレーパーでやったら周囲の塗装まで剥がしちゃいました。スクレイパーでやるよりガムテープなんか用意してペタペタやったほうが結局楽でしたね。少しトラブルはありましたが、無事摘出できたところで、計測してみた保護ガラスの厚みは、実測1.0mmです。

LcdにSQ-1のレジンタンクあてがってみましたが、ギリ行けそう?Lcd自体の厚みが1.5mmっぽいので安全のためレジン タンク下に1.5mmのスペーサーが欲しい感じです。何かいい素材かないか検討中です。

本体側にもあてがってみた所、最低両脇で10mmづつは切り詰める必要がありそうです。

電気的な接続確認もいったんしてみたのですが、5.5インチの設定のままだったので綺麗なキャリブレーション模様は確認できなかったものの、Open.Closeは効いている模様。全く使えないってことがわかっただけでも一安心です。

ずいぶん長くなってきたのでひとまずここまで。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に