探しています Phrozen Shuffle 2018

当研究室ではアップグレードキットの開発を検討しています。
第一弾としてHieha SQ-1をnanoDLP最新バージョンにて動作するよう調整が完了していますが、
第2弾としてはPhrozen Shuffle 2018をターゲットに考えています。

Phrozen Shuffle 2018 は販売から2年以上経過しており、メーカーからの新たなバージョンのファームウェアの提供が望めない状況となっています。この機械をアップグレードするにあたり、ベースとなる筐体を安価で提供していただける方を募集しております。

ご家庭で不要になったPhrozen Shuffleはございませんか?もちろんジャンクでも構いません。
きちんとブートしない、LCDが割れていたりFEPが破損しても問題ありません。

ご協力いただける方を大募集中です。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

nanoDLP beta update #4340

ひとまず、Upgradeを実施しましたが動作に問題はありませんでした。
UP周りがUpdateされているので表示がおかしくなったら、CTRL+F5でキャッシュを無視して更新したほうがよさそうです。

  • Feature: プレート一覧のリデザインをしました。
  • Feature: ダッシュボードのリデザインをしました
  • Feature: アイドル時にダッシュボードへプレート一覧を追加しました
  • Change: 急速に変化するコンテンツをキャッシュしないようにしました
  • Change: 時間推定時にマルチキュアプレートを無視します
  • Change: RAMPS terminal のスクロールを改善しました。
  • Bugfix: リモートスライサー利用時にマルチキュアと アダプティブレイヤースライシングが動作しない問題を修正しました
  • Bugfix: キャリブレーション画像が正しく生成されない問題を修正しました
  • Bugfix: スライス中にプレートを削除した場合、スライサーがストールする問題を修正しました
  • Bugfix: 削除されたプレートでAAがストールする問題を修正しました。

印刷中のダッシュボードがすっきりしましたね

プレート一覧の画面がすっきりしました。

  • Feature: Redesign plates page
  • Feature: Redesign dashboard
  • Feature: Add plates list to idle mode on printer dashboard
  • Change: Prevent cache on fast changing assets
  • Change: Ignore multi-cure plates for time estimation
  • Change: Improve RAMPS terminal scrolling
  • Bugfix: Multi-cure and adaptive layer slicing works with remote slicer
  • Bugfix: Calibration image does not get generated correctly
  • Bugfix: Delete plate cause stalling on the slicer
  • Bugfix: AA stalls on deleted plates

UVTools v2.4.0~2.5.0 release note

細かい機能追加が合うようです。和訳は省略
過去の改版履歴を追っかけれてなかったのでだだーーーーーっと列挙。

V2.5.0

  • (Add) Help – Material manager (F10): Allow to manage material stock and costs with statistic over time
  • (Add) File – I printed this file (CTRL + P): Allow to select a material and consume resin from stock and print time from the loaded file

v2.4.9

  • (Fix) PhotonWorkshop files: (#149)
    • CurrencySymbol to show the correct symbol and don’t convert unknown values to prevent hacking
    • Set PerLayerOverride to 1 only if any layer contains modified parameters that are not shared with the globals
  • (Fix) Clipboard:
    • Initing the clipboard for the first time was calling Undo and reseting parameters from layers with base settings
    • Undo and redo make layer parameters to reset and recalculate position z, making invalid files when using with advanced tools
  • (Fix) Tool – Edit print parameters: When editing per a layer range and reopen the tool it will show the previous set values

v2.4.8

  • (Improvement) Cache per layer and global used material for faster calculations
  • (Improvement) Better internal PrintTime management
  • (Improvement) GUI:
    • Show per layer used material percentage compared to the rest model
    • Show total of millimeters cured per layer if available
    • Show bounds and ROI in millimeters if available
    • Show display width and height below resolution if available
    • Don’t split (Actions / Refresh / Save) region when resize window and keep those fixed
  • (Improvement) Calibrate – Grayscale:
    • Add a option to convert brightness to exposure time on divisions text
    • Adjust text position to be better centered and near from the center within divisions
  • (Fix) Calculate the used material with global layer height instead of calculate height from layer difference which lead to wrong values in parallel computation
  • (Fix) Converting files were not setting the new file as parent for the layer manager, this affected auto convertions from SL1 and lead to crashes and bad calculations if file were not reloaded from the disk (#150#151)
  • (Fix) PositionZ rounding error when removing layers

v2.4.7

  • (Add) Computed used material milliliters for each layer, it will dynamic change if pixels are added or subtracted
  • (Add) Computed used material milliliters for whole model, it will dynamic change if pixels are added or subtracted
  • (Improvement) Round cost, material ml and grams from 2 to 3 decimals
  • (Improvement) Operation profiles: Allow to save and get a custom layer range instead of pre-defined ranges
  • (Improvement) PhotonWorkshop files: (#149)
    • Fill in the display width, height and MaxZ values for the printers
    • Fill in the xy pixel size values for the printers
    • Change ResinType to PriceCurrencyDec and Add PriceCurrencySymbol
    • Change Offset1 on header to PrintTime
    • Change Offset1 on layer table as NonZeroPixelCount, the number of white pixels on the layer
    • Fix LayerPositionZ to calculate the correct value based on each layer height and fix internal layer layer height which was been set to position z
    • Force PerLayerOverride to be always 1 after save the file
  • (Fix) Actions – Remove and clone layers was selecting all layer range instead of the current layer
  • (Fix) Redo last action was not getting back the layer range on some cases

v2.4.6

  • (Improvement) Calibration – Elephant Foot: (#145)
    • Remove text from bottom layers to prevent islands from not adhering to plate
    • Add a option to extrude text up to a height
  • (Improvement) Calibration – Exposure time finder: (#144)
    • Increase the left and right margin to 10mm
    • Allow to iterate over pixel brightness and generate dimmed objects to test multiple times at once
  • (Fix) File format PWS:
    • Some files would produce black layers if pixels are not full whites, Antialiasing level was not inherit from source
    • Antialiasing level was forced 1 and not read the value from file properties
    • Antialiasing threshold pixel math was producing the wrong pixel value
  • (Fix) Raw images (jpg, png, etc): (#146)
    • Set layer height to be 0.01mm by default to allow the use of some tools
    • When add layers by clone or other tool it don’t update layers height, positions, indexes, leading to crashes
  • (Fix) Actions – Import Layers: (#146#147)
    • ROI calculation error leading to not process images that can potential fit inside the volumes
    • Out-of-bounds calculation for Stack type
    • Replace type was calculating out-of-bounds calculation like Stack type when is not required to and can lead to skip images
    • Better image ROI colection for Insert and Replace types instead of capture the center most
  • (Fix) Settings window: Force a redraw on open to fix auto sizes

v2.4.5

  • (Add) Setting: Expand and show tool descriptions by default
  • (Improvement) Drag and drop a file on Main Window while hold SHIFT key will open the file under a new instance
  • (Improvement) PrusaSlicer & SL1 files: Allow to set custom variables on “Material – Notes” per resin to override the “Printer – Notes” variables
    This will allow custom settings per resin, for example, if you want a higher ‘lift height, lift speed, etc’ on more viscous resins. (#141)
  • (Change) Setting: Windows vertical margin to 60px
  • (Fix) Export file was getting a “Parameter count mismatch” on some file formats (#140)
  • (Fix) photon and cbddlp file formats with version 3 to never hash images
  • (Fix) Windows was not geting the screen bounds from the active monitor
  • (Fix) Tool windows height, vertical margin and position
  • (Fix) Exposure time finder:
    • Text label
    • Set vertical splitter to not show decimals, int value
    • Set vertical splitter default to 0
    • Allow vertical splitter to accept negative values
    • Optimized the default values
    • Removed similar letters from text
    • Add some symbols to text to validate overexposure
    • Decrease Features height minimum value to 0.5mm

v2.4.4

  • (Improvement) Exposure time finder: Invert circles loop into quadrants

v2.4.3

  • (Add) Exposure time finder:
    • Configurable zebra bars
    • Configurable text
    • Tune defaults values to fill the space
    • Add incremental loop circles to fill space on exposure text space
  • (Change) Default vertical windows margin from 250 to 400px

v2.4.2

  • (Improvement) Exposure time finder:
    • Bring back shapes
    • Diameters now represent square pixels, eg: 3 = 3×3 pixels = 9 pixels total
    • Optimized default diameters

v2.4.1

  • (Fix) Exposure time finder:Use a spiral square instead of configurable shapes to match the exact precise set pixels
    • Set pixels as default values
    • Optimized the pixel values to always produce a closed shape
    • Rename cylinder to hole
    • Crash when diameters are empty
    • Profiles was not saving

v2.4.0

  • (Upgrade) EmguCV/OpenCV to v4.5.1
  • (Upgrade) AvaloniaUI to 1.0
  • (Improvement) GUI re-touched
  • (Improvement) Make pixel editor tab to disappear when pixel editor is disabled
  • (Improvement) Simplify the output filename from PrusaSlicer profiles
  • (Improvement) All operations require a slicer file at constructor rather than on execute, this allow exposure the open file to the operation before run it
  • (Improvement) Calibrations: Auto set “Mirror Output” if open file have MirrorDisplay set
  • (Change) Tool – Redraw model/supports icon
  • (Change) photon and cbddlp to use version 3 by default
  • (Add) Tool – Dynamic layer height: Analyze and optimize the model with dynamic layer heights, larger angles will slice at lower layer height
    while more straight angles will slice larger layer height. (#131)
  • (Add) Calibration – Exposure time finder: Generates test models with various strategies and increments to verify the best exposure time for a given layer height
  • (Add) File load checks, trigger error when a file have critical errors and attempt to fix non-critical errors
    • Layers must have an valid image, otherwise trigger an error
    • Layers must have a incremental or equal position Z than it previous, otherwise trigger an error
    • If layer 0 starts at 0mm it will auto fix all layers, it will add Layer Height to the current z at every layer
  • (Add) Tool – Edit print parameters: Allow set parameters to each x layers and skip n layers inside the given range.
    This allow the use of optimizations in a layer pattern, for example, to set 3s for a layer but 2.5s for the next.
  • (Add) Layer height property to “Layer Data” table: Shows layer height for the slice
  • (Fix) When automations applied and file is saved, it will not warn user about file overwrite for the first time save
  • (Fix) Tool – Redraw model/supports: Disable apply button when no file selected
  • (Fix) Tool – Infill: Lack of equality member to test if same infill profile already exists
  • (Fix) Auto converted files from SL1 where clipping filename at first dot (.), now it only strips known extensions
  • (Fix) SL1 encoded files wasn’t generating the right information and lead to printer crash
  • (Fix) PrusaSlicer printer “Anycubic Photon S” LiftSpeed was missing and contains a typo (#135)
  • (Fix) PrusaSlicer profile manager wasnt marking missing profiles to be installed (#135)
  • (Fix) PrusaSlicer folder search on linux to also look at %HOME%/.config/PrusaSlicer (#135#136)
  • (Fix) Operations were revised and some bug fixed, most about can’t cancel the progress
  • (Fix) Some typos on tooltips
  • (Fix) Prevent PhotonS from enconding, it will trigger error now as this format is read-only
  • (Fix) Ctrl + Shift + Z to redo the last operation:
    • The layer range is reseted instead of pull the used values
    • Tool – Arithmetic always disabled
    • Action – Layer import didn’t generate info and always disabled

UVTools v2.6.0 release [2021/3/2]

このバージョンでの更新内容は下記のとおりです。
今回の目玉はPrusaSlicerのサポートかな?

  • (機能追加) ファイル形式: Zcode形式のサポート (Uniz IBEE)
  • (機能追加) PrusaSlicer Printerのサポート : Uniz IBEE
  • (機能追加) Extract : Zip形式にレイヤー毎のデータを含むLayer.iniとConfigration.iniファイルを出力します。
  • (改善) Zip形式 : GCode 解析時のパフォーマンスを改善しました
  • (修正) ファイル形式 : 一般的な形式でライトオフディレイとボトムの値が反映されず、すべてのレイヤーにおいてデフォルト値(0)が設定される問題を修正しました。
  • (修正) 印刷パラメーター編集: バーンインレイヤー数を変更した場合、レイヤーのプロパティが更新されない問題を修正しました。
  • (Add) File format: Zcode (Uniz IBEE)
  • (Add) PrusaSlicer Printer: Uniz IBEE
  • (Add) Extract: Output an “Layer.ini” file containing per layer data and include the Configuration.ini for Zip file formats
  • (Improvement) Zip: Increase the GCode parsing performance
  • (Fix) File formats: Wasn’t set bottom / light off delay per individual layer on generic formats, defaulting every layer to 0
  • (Fix) Edit print parameters: When changing bottom layer count, layers didnt update thier properties

NanoSupport Newversion Release

nanoDLP純正となるサポート作成用ツール兼スライサーのNanoSupportのNewVersionがリリースされました。

このバージョンでは、UIが一新され、自動サポート作成時のアルゴリズムが更新されたそうです。

  • NanoSupportに統合されたNanoDLPスライサーを利用して上でスライスできます。
  • ネットワークに接続されたnanoDLP検出し、クリック一つでプリンタにジョブを送れます。
  • やり直しが自由に行えます。
  • NanoDLP slicer integrated into NanoSupport.
  • Automatic NanoDLP detection.
  • Single click slicing and adding jobs into NanoDLP.
  • High performance.
  • Complete undo/redo.

軽く使ってみて面白いなと思った機能をいくつか紹介します。

サポートを作成するときに、いくつかパターンを検討しながら作成する場合などがありますが、
作成したサポートをいくつか切り替えながら検討することができます。

プリンタを自動認識してくれます。
もちろんプリンタに設定したプロファイルも認識され、この画面から指定が可能です。
Sliceを押すしたあとに飛行機マークを押すとちゃんとプリンタにデータが送信されていました。
STL自体はアップロードされないようで、3DViewerは使用できない様子。

また、STL形式とnslice形式でも書き出しはできるようです。でもChitubox系の人はもう一回スライスしないといけないのでスライサーだけの利用は難しいかも。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

UVTools v2.5.1 release [2021/2/27]

バージョンアップのリリースノートの転記のみです

  • (Add) Calibration – Exposure time finder: Option to “Do not perform the lifting sequence for layers with same Z positioning”
    The lift height will be set to 0 for sequential layers that share same z position.
    Some printers may not support this and always require a lift after each layer.
  • (Fix) Hide MaterialMilliliters from layer data if unable to calculate the value (NaN)
  • (Fix) CWS: A missing line break wasn’t lifting printer on finish
  • (Fix) Layers: Allow to set LiftHeight and LightOffDelay to 0 per layer

[nanoDLP] nanoDLP beta updated #4325

おそらく細かいバグ修正が追加されたnanoDLP beta #4325が公開されていたので
早速Update

私のほうが報告していたバグが修正されているという情報はいただいていますが、
そのほかについては情報が出ていないため不明です

・PlateをSlice中に削除した場合に、再起動するまでSliceが正常に終了しない問題が修正されました。

なぜPhrozen Shuffle 2018 なのか?

なぜPhrozenShuffle2018なのか?というところですが、いくつか理由があります。

  • 筐体の素性がいい(ここ重要ですね)
  • 発売から3年が経過してサポートによるバージョンアップが見込めない
  • LCDが廃番になりそう(現状も自分でバックライトを外さないとだめだったりと不便)
  • NANODLPだから

当サイトではHiehaSQ-1から始まったこともありますがnanoDLP関連の記事が非常に多いこともあり、似たような境遇のこのマシンをターゲットにしました。

で実際のファームウェアを確認したところnanoDLPのbuild番号見てびっくりしました#1833 現在3000番台ですのでどれだけに古いものが使用されていることだか・・・・・。

理由はわかります。2000番台~3000番台の間でタッチパネル関連の仕様が大きく変わったためタッチパネル側のファームウェアも何とかしないとダメなアップデートが入っているからです。このためPhrozenShuffle2019はある程度バージョンアップされていますが、2018が見捨てられているのはこのあたりもあるのではないでしょうか。

2019は次やります・・・・・。この機種も対応してほしい!というリクエストも募集しています。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

Phrozen Shuffle 2018 Upgrade #1

ShffleUpgrade計画の第一段階として、Shuffle2018のタッチパネルのアップグレードと、現在のファームウェアから一気にnanoDLPの最新バージョンまでアップグレードを実施しました。

セキュリティ対策として、OS回りのアップグレードも同時に実施しています。

と簡単に書いてはいますが、一筋縄ではいきませんので、真似をされる方はご注意ください。

アップデートしたスクショを何枚か公開してみます。

メインの画面から大きく変わってしまっていますので、使い方に戸惑う方もいらっしゃるかも。

Plate画面についても、3Dプレビューが追加されたり昨日は大きく追加されています。

レジンについても設定項目はずいぶん細かくなっております。
先日こうかいされたAdaptiveSlicingも対応しております。

今までPhrozen版では隠されていたメニューが多かったので、設定画面が一番大きく変わっていますね。現状はNanoDLPストックでアップデートしてしまったので、ロゴとかもすべてnanoDLPに戻っております。このあたりはPhrozenのロゴに戻してしまってもいいのかなぁ(著作権がらみがあるのでこのままかもしれません。)

まずはメイン画面から、nanoDLPのV3系のデフォルト画面にしてあります。ここからZキャリブレーションやLCDの動作テストもできるので便利です。

Zキャリブレーションはよく使うのはTopとFloorはベッドを温めるのに上げたり下げたりが多いので重宝しております。

言わずと知れたLCDの動作確認ですね。

あまりすることはないのですが、レジンのプロファイル設定も簡易的に編集できます
ここからは通常レイヤ、バーンインレイヤともにレイヤ厚と露光時間くらいは変更できますが、あまりここからは触らないかも。

最後にPlate一覧です、再印刷の時には重宝しますね。
ここは日本語に対応していないので、半角英数にする必要があるのは相変わらずです。なんとかならないのかなぁ

基本的に最新版のnanoDLPの紹介になっているような気がしないでもありませんが、すでにPhrozenShuffle2018用の設定にはしてあります。動作確認は、、、素体が手に入り次第頑張ります。

楽しい3Dプリンタライフを!

※改造するとメーカーのサポート等は受けられなくなる恐れがあります
ご利用は計画的に

[nanoDLP] nanoDLP beta updated #4311

続々とアップされているnanoDLPですが、またもベータ版がアップデートされました

今回はリリースノートが記載されていましたので転記します。
主だった機能はこれまでいくつか紹介してきたものがありますの

  • 新機能:アダプティブスライシング(レイヤー毎に異なる解像度で印刷する機能)
  • 新機能:PCBプリンティング(感光基盤を露光させる機能)
  • 新機能:プリンタに深刻な問題が発生した場合、ダッシュボードにハートマークを表示する機能
  • 新機能:ノンストッププリンティング機能?(詳細は確認します。)
  • 新機能:プリンタの使用時間リセットボタンの追加
  • 変更:アイドリング時のダッシュボードを読みやすくしました。
  • バグフィックス:RaspberryPi4の自動認識

原文はこちら

  • Feature: Adaptive slicing to slice layer with different thickness depend on details of the layer
  • Feature: PCB printing has been added
  • Feature: Display heart icon on top for serious printer issues
  • Feature: Non-stop printing feature has been added
  • Feature: Add printer usage reset button
  • Change: Make idle dashboard data human readable
  • Bugfix: Detect pi 4 correctly